Event

A Practical Guide for US Patent Practice - 2017

April 20, 2017 
02:00 - 06:00 PM JST | Seminar
06:00 - 07:00 PM JST | Reception

2017年4月20日(木曜日)
セミナー:午後2時~午後6時
懇親会: 午後6時~午後7時

Please join us for a discussion on US patent practice and recent developments in US patent law.

ジョイントセミナーのご案内:「米国の特許実務及び米国特許法最新の動向

米国の知財業務を担当されている方々におかれては、米国の特許実務において「なぜこんなOAが発せられたのか」、「対応に苦慮する審査官に当たったのではないだろうか」、「審判とRCEどちらがいいのか」等、一度は疑問に感じたことがあるのではないでしょうか。このような疑問にお答えすべく、Morgan, Lewis & Bockius LLPは青山特許事務所と共同で、「米国特許法~米国特許実務の実態~」のテーマにてジョイントセミナーを実施いたします。

本セミナーでは、米国特許手続きの実務的な内容に重点をおいて解説すると共に、米国において日本的なOA応答が通用しない理由、対応に苦慮する審査官に当たった場合の対処方法、米国代理人を効果的に活用する方法、権利取得の費用を削減するためのアドバイスなどについて解説いたします。また、要所では米国と日本の特許実務の比較を加え解説いたします。

ご多忙とは存じますが、ぜひともご参加賜りたくご案内を申し上げます。

(1) 特許適格性:講師 Dr. Robert Smyth、松谷 美智子 
(2) 新規性・進歩性:講師 Dr. Janice Lee、中谷 剣一 
(3) Final OA 後の対応:講師 Dr. Jeffrey Killian、山尾 憲人
(4) 付与後特許手続き(Inter Partes Review) :講師 Mr. Dion Bregman、田村 啓

price | 参加費

There is no cost to attend. 

本セミナーは、無料です。

REGISTRATION and Questions | 参加申込み及びお問合せ

For registration or for more information, please contact Kenichi Nakatani at kenichi_nakatani@aoyamapat.gr.jp or Janice Lee at janice.lee@morganlewis.com.

中谷剣一(kenichi.nakatani@aoyamapat.gr.jp)あるいは

ジャニス・リー(janice.lee@morganlewis.com)までお知らせください。